個人投資家の皆様へ

日本コンセプトの強みと、
今後の成長戦略などを
わかりやすく図解しながらご紹介します。

世界の主要地域に設立した
“5つの現地法人”を通じて
世界に張り巡らされたネットワークを統括。

世界の主要地域に設立した“5つの現地法人”を通じて世界に張り巡らされたネットワークを統括。

1994年の創業以来、日本コンセプトはグローバルネットワークの拡充に注力してきました。現在では、欧州(イギリス、オランダ)、東南アジア(シンガポール、マレーシア)、北米(アメリカ)の主要港湾都市に設立した5つの現地法人が、世界13カ国に張り巡らされた代理店網を統括することにより広範な地域をカバーできる体制を構築しております。輸出入から三国間取引、国内輸送まで国・地域を跨いだあらゆる液体貨物の輸送ニーズに対して、“日本品質”のハイレベルなサービスを提供しています。

”One Way輸送”でコストを削減します。

空コンテナの返送が不要

日本コンセプトのビジネスモデルの根幹は「One Way輸送」。液体貨物納品後のタンクコンテナを目的地でそのまま洗浄し、これを別のお客様の液体貨物輸送に供することにより、それぞれのお客様への輸送サービスを「目的地までの片道運賃」のみで提供できることが、私たちの大きな強みです。当社は、独自のグローバルネットワークを活用することにより、この「One Way輸送」を世界中に提供できる体制を構築しています。

“Door to Door”
最適な輸送手段を組み合わせて
国際複合一貫輸送をご提案します。

組み合わせてコストを低減

タンクコンテナはドライコンテナと同じサイズであり、コンテナ船やトラック、鉄道といった様々な輸送手段に載せることが可能です。日本コンセプトでは、このタンクコンテナの優れた特性と、独自のグローバルネットワークを活かし、様々な輸送手段・ルートの中から貨物の特性・目的地・納期などの条件に応じて、国内外の陸上輸送(鉄道/トラック)や海上輸送(外航船/内航船)などの最適な組み合わせをアレンジ。Door to Door での「国際複合一貫輸送」サービスを提供しています。

ページの先頭へ